初節句のお祝い

初節句とは、その名の通り、赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句のことです。男の子なら5月5日、女の子なら3月3日です。ただし、生まれてすぐ、だいたい3か月を迎えるまえに初節句となった場合は、翌年に繰り越すことが多いそうです。

通常初節句には、子供の成長を祝うと同時に、今後も成長してくれることを願って、厄除けを行うようになっています。神社などにおじいちゃん、おばあちゃんと一緒に出かける風景もよく見られますね。

鎧甲、鯉のぼり、ひな人形や五月人形が贈られるのもこの時期です。祖父母からということが多いようですが、最近は家庭の事情で置く場所が無かったりして、豪華さよりも、他の金品で実用性をとるケースも増えているようです。

贈る場合は、収納場所があるのかどうかなど、事前に確認しておいた方が良さそうです。

初節句のお祝い金は、だいたい5000円ぐらいから。親族や親しい友人なら1万円ぐらい。祖父母であれば2万円ぐらいが妥当なようです。

贈るときの祝儀袋は、紅白で蝶結びの水引、表書きは「御祝」や「祝初節句」とします。まだまだ何かと物いりな時期なので、ベビー用品やおもちゃを贈ったりするのも喜ばれます。実用的なものの方が喜ばれそうですね。

まだ収入のない子供の御祝いなので、初節句のお祝いにお礼は不要ですが、柏餅や赤飯、紅白砂糖などを内祝いとして、お祝いに招くことができなかった人に贈る風習がありますので、それでお礼とするのも良いかもしれませんね。

お礼には手紙を添えて、子供の写真なども添えると喜ばれます。

お祝いインフォメーション

v class="w">2018初節句内祝(桃の節句)とは!? | ギフトプラザくつきgiftplaza-kutsuki.jp/.../★☆2018☆★初節句内祝(桃の節句... - キャッシュ2018年2月2日 - 初節句では、祖父母が雛人形を贈ったり、親族や知人がお祝やプレゼントを贈ったりすることもあります。 さて、そのお返しはどのようにすればいいのでしょうか? 一般的には、初節句のお祝いにお返しは必要ないとされ、祖父母や親族からお祝をもらったら、. お返しの代わりに、お祝の席に招待します。ただ、遠くにいて招待するのが難しい場合は、お返しをするのもいいですね。 知人や友人は、初節句のお祝いの席に呼ばないことがほとんどなので、お祝をもらったら、「内祝」として品物を贈りましょう。
2018初節句内祝(桃の節句)とは!? | ギフトプラザくつき
焼き芋3000円セット≪紅はるか&甘太くん≫焼き芋八豊ネットショップ
http://8pou.com/set/3000.html