結婚のお祝い

結婚式は、友達や親族の晴れ舞台。是非参加したいですよね。それに結婚式は一番出会いがあるそうですよ。目の前で幸せな結婚式が行われれば、婚活中でなくても、独身ならだれでも意気込んでしまいますよね。

結婚のお祝いには、3万円が相場と言われています。披露宴に参加するなら、これくらいは最低限と、マナー上考えておいた方が良いでしょう。

また、結婚式は割れる数は縁起が悪い(離縁を示唆するため)と言われており、奇数で揃えるのがマナーとなっています。夫婦や親友同士でなど、複数人で一緒に包むときも、合計が奇数になるようにうまく調節しましょう。

包む金額は新郎新婦とどれだけ近い距離なのかによっても変わります。例えば年齢が40代以上、上司であったり、親戚であったりすれば、3万円だと少し少ない感じがするかも。

親友や幼なじみなど、近い間柄なら、お金ではなく、物品を渡しても良いでしょう。新婚生活には何かと必要な物も多いので、食器や生活雑貨なども喜ばれることが多いです。

でも、結婚のお祝いなので、縁起が悪いものを選んだりしないようにだけ注意しましょう。また、他の人と被りそうなものには気を遣うなど、いろいろと配慮も必要です。

何にしようかあれこれ悩んだら、お祝い金にしておく方が無難かもしれません。物品で贈る場合でも、お祝い金をあわせて贈ることもありますので、相手に喜ばれそうなものを意識して選びましょう。

お祝いインフォメーション

4270 Posts - See Instagram photos and videos from '結婚祝いのプレゼント' hashtag.
#結婚祝いのプレゼント • Instagram photos and videos
結婚祝いで包丁や包丁セットを贈る際のマナーを解説。刃物をプレゼントするのは縁起 が悪いのでは?友人に贈るおすすめの包丁や金額相場は?名入れって何...など、包丁 を贈る際の様々なマナーを紹介します。
結婚祝いに包丁セット!縁起が悪い?プレゼントする際の相場など ...